NGC7000とSH2-119

5/4に花立自然公園に行って撮ってきたものです。
http://cdn.astrobin.com/images/thumbs/d1d45829f346c959b095c249f24bce23.1824x0_q100_watermark_watermark_opacity-10_watermark_position-6_watermark_text-Copyright%20YuichiKawamoto.jpg
NGC7000とSH2-119 2016年5月5日 0:53-3:12 Borg55FL+レデューサー7880 合成f200mm F3.6 QHYCCD QHY16200A/OSC Beta 冷却CCD -20℃
露光 左半分300秒x10枚、右半分300秒x8枚、合計露出時間90分
iOptron CEM60
PixInsight+PSCC AstroBinはこちら。 前回紹介した試し焼きは3枚連結のパノラマでしたが、右側のサドル近辺は露光時間が少なくバランスがおかしかったので、あっさり切り捨てました。 北アメリカ星雲NGC7000の左側、少し離れた場所に、SH2-119という散光星雲があります。北アメリカ星雲とペリカン星雲を狙うと、どうしても構図的に離れた位置にあるので、切り捨てられることが多くてあまり作例がないようですが、これくらい広視野ですと構図に入れても悪くないですね。SH2-119単体でも今度じっくり狙ってみようかと思います。 ところで、今回モザイク合成には存外に悩みました。Borg 55FLは周辺像の歪みがあり、モザイクがキレイに合わない場合があります。せっかくですので、今回どうやって対処したかを記事にしてみようか? と思っています。PixInsightの記事を書くとコメントがなくなって寂しいですが
上の画像はAstroBinの画像です。インデックス用にYahoo Blogの画像も貼っておきます。

6 thoughts on “NGC7000とSH2-119

  • アバター
    2016-05-16 at 11:00 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    やっぱり凄い階調と滑らかさ、それにディテールだな!
    だめよ!こういうの出しちゃ。
    やる気削がれちゃうから(><;)

    Reply
  • アバター
    2016-05-16 at 11:27 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    とても同じ鏡筒とは思えませんが、頑張るとこんなに凄い写真が撮れると励みになります^_^
    Pixでの歪み対策の説明の後は、ぜひPSCCの場合もご説明お願いします!

    Reply
  • アバター
    2016-05-17 at 7:02 AM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    おはようございます!
    まーちゃるです。
    最近NGC7000付近は処理をしていましたが、先にこれ見たかったです(笑)
    構図隅の輝度の落ち込みやムラなどの理由がこの画像を見るとよく分かります!
    全体像を知って処理したらもうちょっと楽だったかも!?

    Reply
  • アバター
    2016-05-17 at 9:45 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    隊長ありがとうございます!
    最近あんまり成果物を出せてないので、GWのヒマに任せて、ちょっと頑張ってしまいました。
    実際、今回のはよく撮れてました。よく撮れてるとポスト処理もあんまり手がかからないですよね。
    モザイクには手を焼きましたが、あとは撮れたままって感じです。

    Reply
  • アバター
    2016-05-17 at 9:49 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    やまぎりさん、こんばんは。ありがとうございます!
    55FLいい鏡筒ですが、さすがに短焦点F3.6なので、よい素材を得るにはなかなか気を遣います。
    今回は成功しましたが、前回青い馬頭を撮ったときはイマイチでした…。常にクリーンヒットと行きたいところです。
    PixInsightの歪み対策、これは残念ながらPixInsightでしか使えません。この際買っちゃいましょうw

    Reply
  • アバター
    2016-05-17 at 9:56 PM
    Permalink

    SECRET: 0
    PASS:
    まーちゃるさんこんばんは!ありがとうございます!
    それありますよね。特に画面端の起伏は、これはムラなのかカブリなのか、本当の星雲の輝度なのか、判断に悩みます。今回うちは、50mmのカメラレンズで撮った別素材を参考にしました。モザイクなので、モザイク端の右と左でどちらが正しい濃淡なのか、また全体の大きな濃淡の起伏をそこから判断しています^^

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です